butterfly

我が家のおせち料理

by on 12月.16, 2012, under 日記

もうすぐお正月がやってきますね。
お正月と言えばおせち料理とお雑煮です。
毎年食べ過ぎていわゆる正月太りしていまいます。

うちのおせちは家で作るようにしています。
といっても、自分で上手に作れないものは買ってきて入れるだけっていう感じですね。
自分で作るものと言えばだし巻卵、酢レンコン、黒豆、有頭海老、こんにゃくの煮物、たたきごぼう。
後は買ってきたものを入れています。
田作り、かまぼこ、ごまめ、鯛の子、にしんの昆布巻き、数の子、栗の甘露煮。

あとはお雑煮。
お雑煮はうちは白みそのおつゆにお持ちを入れて、花鰹を上からたっぷり入れただけのシンプルなお雑煮です。
お雑煮って言っても、家庭や地域によっていろいろあるみたいですね。
私の実家はおすましタイプのお雑煮です。
おすましにやきもちと鶏肉に片栗粉をまぶして湯がいたのもの、車麩、三つ葉です。
友達の実家のは具が入ったお味噌汁におもちを入れるものっていうところもありました。
おすましに菜っ葉を入れてそこにやきもちを入れるところなど、地域によって家庭によってほんといろいろありますよね。
一度いろんなお雑煮を食べてみたいです。

後はつるし柿と勝ち栗、結び昆布に昆布茶。
こんなかんじでお正月のおせち料理を用意しています。

毎年、おせちを注文する人も増えているんでしょうかね。
売る側としても値段と内容を合わせるのに大変なことでしょうね。
うちはまだ一度もおせちを注文したことがありません。
旦那や義父がきっと味気ないというに決まっていると義母が言っているからです。
注文したものって、結構お値段がはる有名なところの物ならまだわかる気がしますが、リーズナブルなところものはそれなりの味なんじゃないかなと私も思います。
だったら手作りの方が添加物や防腐剤も極力少なくて済みますし、やっぱり下手なりにも温かみがあると思うんです。
なのでうちはなるべく家でできそうなものは毎年私が作っています。

私のお正月は元日は旦那の実家で過ごすんです。
たいていのお嫁さんって多分、自分の実家に帰ってお正月を迎えるんじゃないかな?
違うかな?
なので実家のお雑煮が恋しくて恋しくて。
やっぱり長年食べ続けてきたものって恋しくなるものですね。
自分で作るんじゃなくてやっぱりいくつになってもお母さんの味ですね。

Comments are closed.